HOME » ゆめみ処おふろの王様 海老名店 » 館内のご案内

フロアガイド

四季の風を感じる当湯自慢の大露天温泉スペース。
湯上がりには充実したリラックスコーナーの数々で、心も身体も心ゆくまで癒してください。
さらにリフレッシュ後には、多彩なメニューを取り揃えたお食事処で、お友達、ご家族でごゆっくりとお食事をお楽しみ下さい。

フロアガイド

湯船
ここち湯(源泉かけ流し 12 快泡の湯(シェイプアップバス)
壺湯(天然温泉・循環式) 13 超泡の湯(スーパージェットバス)
眺景の湯<男湯のみ> 14 腰掛の湯(湯流れベンチ)
塩蒸洞(ハーブ塩サウナ) 15 涼泉(水風呂)
掛湯(掛湯) 16 ぬくもりの湯(天然温泉・循環式)
6 なごみの湯(天然温泉・循環式) 17 まどかの湯(天然温泉・循環式)
7 乱泡の湯(ジャグジー) 18 ゆめみの湯(寝湯)
8 電鼓の湯(電気風呂) 19 うたた寝の湯(寝ころび湯)
9 楽腰の湯(座マッサージ) 20 足つぼの湯(健康歩行湯)
10 至福の湯(リラクゼーションバス) 21 涼みの湯(足湯)
11 流泡の湯(ジェットバス) 22 暖炉の間(ドライサウナ)
    23 薬蒸洞(薬草スチームドライサウナ)
<男湯のみ>
リフレッシュ施設・食事処
24 艶肌処(アカスリ)
25 美肌処(エステティック)
<女性のみ>
26 美髪処(ヘアーカット)
27 いやし処(リラックスルーム)
28 ほぐし処(足うらリラックス)
29 お食事処

「癒し効果」のご紹介

本物だからこその、優れた癒し効果をご紹介します。

海老名で温泉が出るなんてホント?
地下1,301mから毎分130リットルもの豊富なお湯を湧出しています。
ナトリウム―塩化物温泉ってどんな温泉?
ナトリウム - 塩化物温泉(旧泉質名では「食塩泉」と呼ばれていました)は、静岡県・熱海温泉、石川県・片山津温泉などの温泉地にみられ、塩分が皮膚について汗の蒸発を防ぐのでいつまでも暖かく、保温効果が高いことから、「熱の湯」と呼ばれ、肌に熱く感じ、湯冷めしにくいのが特徴です。
療養泉って何?
療養泉とは、温度25℃以上で、溶存物質や遊離二酸化炭素、総硫黄などのいずれかが一定量以上含まれているもののことで、温泉の中でも特に治療の効果が期待できるものをいいます。
高張性って聞いたことないけど
人の体液と同様の浸透圧のものを等張性といいます。高張性温泉とは溶存物質が10g/kg以上のもので、人の体液よりも浸透圧が高いため、等張性や低張性の温泉より温泉の成分が染み込みやすいといえます。
体にお湯を掛けてから入るものなの?
湯船に入る前に、掛け湯を行っていただきたいのは、エチケットであると同時に湯を体に掛けて血管を徐々に広げて体を慣らしていく必要があるからです。急に熱い湯に入ると、皮膚の血管がパッと広がり、急激に血圧が下がって、心臓や血管に大きな負担をかけることとなります。
温泉から出たあと、シャワーを浴びない方がいいって聞いたけど
体に温泉の成分が付いているので、上がるときはシャワーで成分を流してしまわない方がよいでしょう。
【源泉名】
ゆめみ処ここち湯1号源泉
【湧出地】
神奈川県海老名市柏ヶ谷字天谷原555番の1
【湧出量】
130リットル/分
【泉 温】
37.7℃
【泉 質】
ナトリウム - 塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・温泉、療養泉)
【ph値】
7.7
【適応症】
  1. (1)療養泉の一般的適応症
    神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
  2. (2)泉質別適応症
    きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

このページの先頭へ